EPAとDHAの効果・効能は何でしょうか?

サバ塩焼き

EPA エイコサペンタエン酸 Eicosapentaenoic acid

DHA ドコサヘキサエン酸 Docosahexaenoic acid

と言って、マグロ、サバ、イワシなどのパワー成分で不飽和脂肪酸の1つです。
更に、不飽和脂肪酸の分類の1つでオメガ3脂肪酸に当たります。
人間の健康維持に欠かせない、食べ物などから摂る必要のあるという意味で必須脂肪酸と言われている栄養素です。
魚の油(魚油)に多く含まれている必須脂肪酸に当たります。
「青魚が体に良い!」と言われている理由なのです。
生活習慣が気になる方に注目の成分です。

積極的に摂りたい必須脂肪酸

人間の健康維持をサポートしてくれるDHAは体の中では作られないので食べ物などから摂る必要がある栄養素です。
私達の体に必要な成分です。青魚や魚介類などのシーフードに含まれています。特に青魚に多く含まれています。

必須脂肪酸は、必要な量を摂る必要があります。
厚生労働省では、1日1g以上摂取することが望ましいと発表しました。
健康維持のために必要量を積極的に摂ることが推奨されています。

脂肪酸の種類と分類

脂肪酸は、組成の分類で「不飽和脂肪酸」と「飽和脂肪酸」があります。
「不飽和脂肪酸」は「一価不飽和脂肪酸」と「多価不飽和脂肪酸」に分類されます。

不飽和脂肪酸は融点が低いために常温でも固まりにくいです。
不飽和脂肪酸は「一価不飽和脂肪酸」と「多価不飽和脂肪酸」の2つがあります。
一価不飽和脂肪酸には、オリーブ油、なたね油、サフラワー油など

多価不飽和脂肪酸(必須脂肪酸)は、オメガ3系とオメガ6系に分かれています。

EPAとDHAは「オメガ3系多価不飽和脂肪酸」(オメガ3系脂肪酸)に当たります。
アルファリノレン酸である植物油などもオメガ3系多価不飽和脂肪酸です。
体の中でアルファリノレン酸からEPAやDHAを生産されますが、変換割合は10-15%程度です。
アルファリノレン酸(ALA)は植物油などに含まれ、青魚などには、エイコサペンタエン酸(EPA)、ドコサヘキサエン酸(DHA)が含まれています。
EPA・DHAは体の中の脂肪酸の大事な成分です。
EPA・DHAの摂取は体の中からサラサラな流れをサポート。

「オメガ6系多価不飽和脂肪酸」(オメガ6系脂肪酸)には、リノール酸、γリノレン酸、アラキドン酸があります。
食品では、コーン油、納豆、胡麻などです。

常温でも固まりやすいのは「飽和脂肪酸」です。
牛脂、豚脂・鶏脂、バター、生クリーム・乳脂肪・ホイップクリーム、クリームチーズ・カマンベールチーズ、卵黄、ココナッツミルク、マーガリンなど。

 

EPAとDHAの効果・効能。魚の脂質はサラサラ成分

魚は変温動物で、温度によって体の温度が影響されやすい動物です。
海という厳しい自然環境の中では、温かい海、冷たい凍る海など常に危険と隣り合わせで生き抜かなければなりません。
海の深いところでは当然、水温も低くなります。
そんな過酷な自然環境の中で生き抜いていくために魚は体に必要な脂肪を氷点下でも固まらないサラサラの油を蓄えています。
だから生きて行けます。
特に青魚にDHAが多く含まれているのです。

EPA(エイコサペンタエン酸)やDHA(ドコサヘキサエン酸) オメガ3脂肪酸が豊富なものは、魚油を使った食品、肝油、サバ、イワシ、アジ、サケ、ナンキョクオキアミなどです。元々は海中のプランクトンに生産されたものが、プランクトンを魚が食べることで蓄積されたものです。

海中のプランクトンとは、ラビリンチュラ類の1属のSchizochytrium 属などで海産の微生物のことです。
食物連鎖の過程で濃縮されたものです。

青魚のサラサラ成分は、人間の健康には欠かせない「必須脂肪酸」と言われています。
体に良いと言われている理由です。
EPAとDHAは健康が気になる方。健やかな毎日をサポートするのです。

ページトップへ